1. トップ
  2. 課題解決型 『営業部門の課題』
課題解決型研修とはProblem Based Learning(PBL)

課題解決型研修(Problem Based Learning(PBL))は、学習者が自ら課題を発見し解決する能力を養うことを目的とした研修で、
変化が激しく、課題が発生しても従来の手法で解決するのが難しい今の時代に、正しい答えを導き出すことよりも、
どのように答えを導き出したのかという「過程(プロセス)」を重視します。
ビジネスの現場では、誰も解決策を見出したことがない課題に直面しますが、PBLを受講することで最適の課題解決法を習得できます。

課題解決型 『営業部門の課題』研修 について

営業部門の課題解決型研修では、①新規開拓とアプローチ、②商談とプレゼンテーション、③クロージングとアフターフォローという3つの業務プロセスに焦点を当てて、
営業部門のスタッフが「つまずきやすい課題」や「陥りがちな失敗のケース」など、営業部門で実際に起こりうるリアリティの高いテーマを取り上げます。

講師紹介

H&innovation株式会社 代表取締役CEO 森 英治
森 英治
H&innovation株式会社
代表取締役CEO

徹底した受講者目線で若手のスキルアップをサポート。 企業課題を「塾」「課題解決会議」などさまざまな教育プログラムと個別フォローにて解決し、若手の基礎力向上についてのあらゆる相談に乗っている。
年間100以上の研修に登壇し、受講者目線のわかりやすい語り口とアクションラーニング(参加型研修)における受講者を巻き込むファシリテーションがベンチャーから大手上場企業まで好評を得ている。